• ボタン1
  • ボタン2-0
    • ボタン2-1
    • ボタン2-2
    • ボタン2-3
  • ボタン3
  • ボタン4
  • ボタン5
  • ボタン6
  • ボタン7

上田あきこのプロフィール

上田あきこの顔写真

ライフ・デザイン代表 上田あきこ

1979年 富山県高岡市生まれ 東京都渋谷区在住
2002年 株式会社マップ・インターナショナルへ入社。海外旅行コンサルティング業務に携わる。その後、株式会社エイチ・アイ・エスへ転籍。採用教育部門へ異動し社内の人材育成に従事。
2008年 CTIジャパン(*1)にてコーアクティブ・コーチングを学び始める。
2010年 コーチとして独立。個人へのコーチングの提供を開始。
2012年CRRジャパン(*2)にてシステム・コーチングを学び始め、夫婦や家族、カップルへのシステムコーチングの提供を開始。
2013年 CTIジャパンにてコーチングプログラムトレーナーとしてワークショップリードを開始。
2015年 仲間とともに「一般社団法人KIBOUプロジェクト」(*3)を設立。

*1)CTIジャパン 参考URL http://www.thecoaches.co.jp/
*2)CRRジャパン 参考URL http://www.crrjapan.co.jp/
*3)一般社団法人KIBOUプロジェクト 参考URL https://www.facebook.com/KIBOU.P

区切り線(長)

海と山に近い町で、3人兄弟の真ん中として生まれました。地域の人の支援に力を尽くす父と、そんな父をいつも側で支え続ける母の背中を見て育った私は、仕事とは、人の人生に関わりながら人とつながあり合うことなのだと自然と思うようになりました。そして、家族とは、どんな時もお互いを尊重し、一番の応援団となって、支え合いながら共に歩んでゆく存在なのだということを教わりました。現在は結婚して8年目。温泉好きの夫と10年後に信州に温泉宿をつくり、大切な方たちをもてなすのが私たち夫婦の夢です。

学生時代にバックパックひとつで旅をする中で感じた国や言葉を超えてつながる感覚を、多くの人に味わってほしい。そんな思いから、2002年に海外旅行専門の旅行会社である、株式会社マップ・インターナショナルへ入社。一人一人のお客様と、永く深く関わっていきたいとの思いから、入社式で「私は、リピーター率100%の担当者になります!」と宣言しました。

最初の1年間は、失敗だらけで営業成績も伸びず、外国籍のお客様に罵倒され、泣き出す場面もありました。ランチに出る間も惜しんで朝から晩まで仕事をしていて、半年間で5キロほど体重が落ち、久しぶり再会した大学時代の友人にとても心配されたのは、今となってはなつかしい思い出です。

それでもとにかく一人一人のお客様に、誠意を持ってお応えすること。お客様が話したいこと、聞きたいことがある限り、丁寧にお話を伺うこと。どんなに難しい状況でも、その中での最良のご提案をすること。ひたすらそれだけをやり続けていたら、いつしかお客様が次のご旅行の際も相談に来てくださるようになり、大切なご友人やご家族、同僚の方を紹介してくださるようになりました。入社して4年目に入った頃には、リピートしてくださる方と、ご紹介頂く方とのやりとりだけで、毎日あっという間に時間が過ぎてゆく、そんな日々を過ごしていました。

入社式で宣言した自分のありたい姿に、とても近いところまでたどり着いている。そう気がついたときに、今、この場所を卒業する時だと感じました。この場所に居続けることは、とても楽しく、やりがいがあるけれど、同時にそれは自らぬるま湯につかっているようなもので、これ以上の自分自身の成長やチャレンジはない。今が、動く時だ。そう思いました。

そして、次はなんだろう?どこだろう?とアンテナを張りつつも、具体的な何かが見つからないままにしばらく過ぎたころ、夫を介して、ある女性の方とお食事をする機会がありました。
 その方は、透明な中に力強さを秘めたような不思議な雰囲気を持った方で、直感的に、人として大切なことを、心でわかっている方だと感じました。どんなお仕事をされているのだろう?と興味がわいて伺ってみると「コーチをしています」という答えが返ってきました。

翌日、さっそく本屋でコーチングに関する本を探しました。そして「コーチング・バイブル」という題名の本を手にとりました。冒頭の著者の方の言葉を読みはじめたとき、ぽろぽろと涙がこぼれました。そこには、『今皆さんが手にしているこの本は、「人々の心に灯りをともし、その灯火を絶やさずに燃やし続ける」というテーマについて書かれた本です』と書いてありました。そこから伝わってくる願いと、自分の中の大事な何かが深いところで響きあうのを感じました。

さっそく購入して読み進め、自分の心がどきどきするのを感じていました。この本の中で表現されている人間観や人を見るまなざしが、人と人との関係に何を起こすのだろう。その可能性を思うと、心が震えました。そして、その数ヶ月後、コーチングプログラムを提供しているCTIジャパンでコーチングを学び始めました。

コーチングを学び、実践しながら人の人生と向き合うことは、同時に人を鏡にしながら自分を見つめるプロセスでもあり、よろこびや楽しさだけではない、様々な感情や自分の側面と向きあう、自分という一人の人間についての探求の旅でもありました。

自分は本当に、人の人生と共に歩む覚悟があるのか。相手が光り輝く今にいても、真っ暗闇の今にいても、心から共にいて、その先の未来を信じて歩む自分であれるのか。何度も自分に問いながら、心からイエスの返事を自分で出せたときに、プロのコーチとして生きようと決めました。

コーチとしての私の背中をいつも押し続けてくれるのは、19歳で命を閉じた、妹の存在です。
 妹の死は、生きることの意味、そして家族としてあることの意味を私に教えてくれました。
 私が願うのは、一人ひとりが、身近で大切な人たちとのつながりの中で、100%の自分を生ききる社会です。そんな社会の実現のために、ご縁を頂いた方々とともに一歩一歩、歩み続けます。

区切り線(長)

実績

  • コーチング時間:約1700時間
  • 延べクライアント数:約120名(常時約20名~25名)※2015年10月現在
  • CTIジャパン コーチングプログラムトレーナー
    (CTIジャパンウェブサイト:http://www.thecoaches.co.jp/
  • 企業向けコーチング・コミュニケーション研修講師
  • 官公庁向けコーチング・コミュニケーション研修講師
  • 一般公開型コーチングワークショップ ファシリテーター

資格等

  • 国際コーチ連盟 PCC(Professional Certified coach)
  • 米国CTI認定 CPCC(Certified Professional Co-Active Coach)
  • CRR Global認定 ORSCC(Organization & Relationship Systems Certified Coach)
  • NLPマスタープラクティショナー
  • CTIジャパン コーアクティブ・リーダーシッププログラム卒業
  • ジョン・ゴッドマン「夫婦生活を成功させる7つの原則」ワークショップ認定エデュケーター
上田あきこのコーチング風景

コーチングのサービスについて