• ボタン1
  • ボタン2-0
    • ボタン2-1
    • ボタン2-2
    • ボタン2-3
  • ボタン3
  • ボタン4
  • ボタン5
  • ボタン6
  • ボタン7

お客様の声

ライフデザイン・コーチング

これからの人生において行動や選択をする際の拠り所ができました

区切り線

東京都小金井市 30代女性 マーケティング会社ヒューマンリソース部
対面セッション(2016年9月~12月)

Q1)あなたにとって、コーチングはどのような機会でしたか?
日々の生活に忙殺されていると自分と向き合う時間や機会がなかなかとれず、何かひっかかるものがあってもやり過ごしていたのですが、コーチングセッションの時間やその前後は、自分自身にたっぷり向き合うことができる、しかもそこに一緒にいてくれる人(コーチ)がいるという、とても贅沢な時間でした。

Q2)コーチングを始める前と完了した今とで、どんな変化がありますか?
他人の評価や、「こうあるべき」と自分で自分に課していた理想のようなものが、以前ほど気にならなくなりました。また、どんな人生を送りたいかが明確になったことで、「人生は短い!(なのですぐに行動を起こさなければ!)」という焦りが生まれました(良い意味で)。

Q3)コーチングでの経験を、今後どのように生かしていきたいですか?
コーチングセッションの中で見つけた、「人生の目的」や、仕事を通じて何を実現していきたいのかという問いに対する答えは、これからの人生において行動や選択をする際の拠り所になると思います。それは今後変わっていくこともあるが、変わっていくこと自体も楽しんでほしい、とあっちゃんに言っていただきましたが、その時は今回のコーチングでの経験を思い出し、とことん自分自身に向き合って新たな答えを見つけたいです(またお世話になるかもしれませんが ^^;)。

Q4)コーチへの率直なフィードバックをお願いします。
私は完璧な答えを言おうと頭で考えすぎてしまい、思いをうまく言葉で表現できないことが多いですが、そんな時、イメージを膨らませることのできる問いを色々な角度から投げていただいたことで、自分でも思いもよらない言葉が出てきて(しかもそれが意外にしっくりくる)、とても有り難かったです。
また、私が一方的に自分の話をするだけの場ではなく、あっちゃん自身のこともその時々で話していただいたので、親しい友人に話を聞いてもらっているような、リラックスした気持ちでコーチングを受けることができました。

Q5)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
私のように、自分で自分にOKを出せずに苦しんでしまいがちな方にとっては、とても良い機会になると思います。自分自身に深く向き合い、感情を味わうことでありのままの自分を認めることができるようになりますし、何よりあっちゃんがすべてあたたかく肯定してくれるので、「これでいいんだ」と思えます

自分の人生を、自分の選択で歩んでいきます

区切り線

福岡県福岡市 30代男性 カフェオーナー
スカイプセッション(2016年2月〜12月)

Q1)あなたにとって、コーチングはどのような機会でしたか?
今まで、ひとまず自分は置いておいて、自分の周りの環境、周りの人の声・期待に耳を傾け、周りを尊重して生きてきた様な気がしています。しかし今回、初めてコーチングをうけ、自分と真っすぐに向き合い、まず、自分が望むもの。自分の理想、意志といったものに耳を傾ける。そんな機会だったので、尊重する優先順位が変わるきっかけになったし、受けた前と後では生き方が変わった様な気がしています。

Q2)コーチングを始める前と完了した今とで、どんな変化がありますか?
まず、身軽になりました。あれもこれも取りたいものが沢山あり過ぎて、身動きとれなくなってしまっていたので、これから持って行くもの、そしてここで手放すもの。自分と向き合い、自分で行動し、自分で決断できたので、ここから「自分の理想」に向かって歩きだす準備が整いました。これは今回、コーチングを受ける上での目的だったので、達成できた事を本当に感謝しています。あっちゃん、ほんとうにありがとう!
あと、住む世界が少し色濃くなったような感覚です。自分の外側の世界を尊重する世界から、自分の内側(想いや好き)を尊重する世界へ。自分の人生を、自分の選択で歩んでいく。自分の好きなことを好きという。上手くいかない事も、辛いこともそりゃ沢山あるけど、素直に、自分のまま生きる事。好きも嫌いも、痛みも喜びも、辛いも嬉しいも、全部。前より「生きている」ような気がします。
あと、すこし我慢強くなった気がします。少しだけですけどね。成長した気がします。見つかるまで見つける。
出来るものを選ぶではなくて、やりたい事を、出来るまでやる。物事の捉え方に変化が起きました。

Q3)コーチングでの経験を、今後どのように生かしていきたいですか?
コーチングを通して学んだこと、その全てが人生に生かされると思うし、コーチングの学びは今でもずっと続いていると思っています。
ビジネスでの「夢・理想」を実現化する上でも活かして行きたいし、プライベートでの「夢・理想」を実現化する上でも存分に活かして行きたいと思います。

Q4)コーチへの率直なフィードバックをお願いします。
毎回、安定した清々しい空気で迎えてくれました。その空気感はぼくの大好きな空気感でコーチングをうける最善の環境をいつも創ってくれました。
あっちゃんは、いつも素直で、率直で、ありのまま飾る事なく僕の側にいてくれたので僕は、いつでも、自分もありのまま、素のままで良いんだって気持ちにさせてくれました。そして、自分と向かいあい出てきた自分を、外に出してあげる事もすんなりと出来ました。
その日のセッションの題材に対して提案してくれる、対話方法であったりコーチングスキルは信頼できるものであるのはもちろんのこと、そのあっちゃんの「あり方」に沢山の力をもらいました。あっちゃん本当にありがとう。
コーチングのセッションは閉じたけれど、自分のなかで、今でもあっちゃんとのセッションは続いていて、内省するのを手伝ってくれています。

Q5)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
これは僕の場合ですが、僕はコーチングを受けて本当に良かったと思っています。正直、コーチングは何なのか?なにも得られなかったどうしよう?料金に見合うだろうか、、、、って気持ちもありました。そして実際、途中で、何をしているのか分からなくなり止めてしまおうか、と思った事もありました。でもコーチングを完了し掴みたかったものを掴み、辿った道を振り返り思い出したとき、そのグチャグチャと居心地の悪い期間も大切なプロセスだったし、その全てが自分の素直な内側であり、見なければいけなかった物だと思えています。そして、そのプロセスにコーチが側にいてくれて良かったなと。
コーチは、答えを教えてくれるわけでもないし、アドバイスをくれるわけでもない。でも、コーチが側にいてくれる。それがどれだけ力を与えてくれたことか。とてもよい時間を過ごせたなと思っています。

私も知らない自分を理解していくような感覚でした

区切り線

大阪府大阪市 30代女性 クリニック勤務
スカイプセッション(2016年7月〜11月)

Q1)あなたにとって、コーチングはどのような機会でしたか?
自分自身の心と向き合う機会

Q2)コーチングを始める前と完了した今とで、どんな変化がありますか?
自分の心に意識を向けられるようになった

Q3)コーチングでの経験を、今後どのように生かしていきたいですか?
コーチングを受けることで、一人では解決できないかと思われる問題も、もしかしたらコーチの力をかりることで、解決できるかもしれないというプラスの発想に転じられるきっかけに、今後もコーチングを利用したい

Q4)コーチへの率直なフィードバックをお願いします。
自分へ意識を向けるために今の私にとって必要な質問を頂けるので、これまで向けたことのない自分自身の意識に心を向けることができ、新しい発見や感動をいくつも与えて頂きました。私が伝える話の内容から、上田さんが感じ取れることをフィードバックしてくれる内容は毎回楽しみで、私も知らない自分を理解していくような感覚でした。

Q5)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
上田さんのコーチングを受けて本当に良かった、そして、また受けることをきっと希望するに違いないという感想が第一です。自分が心から願った環境下ではない場所にいるような気がして葛藤されている方は、自分自身の心ととことん向き合う場所、作業が必要かもしれません。でもこれって一人では難しいし苦しい・・・。この難しく苦しい部分のサポートをしてくれ見守り、助言をくれるのがコーチの存在でした。特に不満があるわけではなくても、このままで良いのかな?と何かしら心の違和感が感じられるときは、コーチングを受けるチャンスのときかも?と、思っています。

「自分に許可を与えること」を継続していきます

区切り線

東京都杉並区 30代女性 製薬会社MR
対面セッション(2016年4月〜8月)

Q1)あなたにとって、コーチングはどのような機会でしたか?
詳しくどの様なものか知らずに、むしろ少し疑いながら始めたものでしたが、今は受けてよかったなあと思えます。最終的に今までで一番自分を見つめなおした機会でした。

Q2)コーチングを始める前と完了した今とで、どんな変化がありますか?
コーチングを始める前は、全然行動できずにいて、動かないといけないと分かっているのに動けない状態でした。コーチングを始めたことで、自分に許可を与えることができるようになったので、行動量が増え、勉強する機会が増えました。また、家族と対話できてなかったんだなあ、と気付くこともできたので、少しずつ本音を言えるようになりました。

Q3)コーチングでの経験を、今後どのように生かしていきたいですか?
ようやく、自分を少し認めることができるようになったので、「自分に許可を与えること」を継続して行きたいです。

Q4)コーチへの率直なフィードバックをお願いします。
・部屋が落ち着く
・しっかり話を聞いてくれる
・笑顔が多くて安心する
・女性なので夫婦間の事も話す事ができた
・人の事なのに一緒に泣いてくれる

Q5)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
もし、まだ一回もコーチングを受けていないとしたら、一度受けてみてほしいです。
どんな形になるか、大きいか小さいかはそれぞれだと思いますが、変化の一歩目になると思うからです。私は初めてのコーチにあっちゃんを選んでよかったです。

これからの生き方について、自分自身と深く向き合う機会でした

区切り線

鳥取県 20代女性 コーチ
スカイプセッション(2016年10月〜2017年1月)

Q1)あなたにとって、コーチングはどのような機会でしたか?
これからの生き方について、自分自身と深く向き合う機会

Q2)コーチングを始める前と完了した今とで、どんな変化がありますか?!
自分の生きる方向や信念が定まらずふわふわした状態でしたが、完了後は私はこういう想いを大事にしてこれで生きていくという気持ちが定まりました。

Q3)コーチングでの経験を、今後どのように生かしていきたいですか?
私らしい人生を歩んでいくための原点として、何かある度大事な想いを再確認するための大切なもの。私に関わる人や関わる人の先に笑顔をつくること。

Q4)コーチへの率直なフィードバックをお願いします。
まっすぐ、熱くて優しく包んで背中を押してくれました。

Q5)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
あっちゃんの存在、エールは新しい人生を切り開いて行く上で大きなパワーになります。
迷ったりくじけそうになる時も、あっちゃんとのコーチングの声を何度も聞いて励みにしていました。自分の心と向き合って自分自身で人生を変えて行きたい方へオススメです。

10年後の自分に会うという貴重な体験が、私の宝になりました

区切り線

大阪府大阪市 30代女性 クリニック勤務
スカイプセッション(2016年7月〜11月)

メール、ありがとうございました。
上田さんの感じたことを伝えて頂き、感謝しています。
涙が出るほど救われた言葉がありました。
上田さんに出会って、とても短い時間しか共有できていませんが、
とても影響力のある多くの言葉と勇気付けを頂き、人との関わりの深さは、
時間の共有の長さだけでははかれないということや、言葉の影響力の大きさを学ばせていただきました。

私にとっての人生のターニングポイントに寄り添い応援してくれた上田さんの存在は、
これから先の人生でも忘れないと想像しています。
そして、10年後の自分に会うという貴重な体験が、私の宝になりました。

パートナーとの関係が改善し、居心地が良くなりました

区切り線

神奈川県 30代 女性 会社員(人材育成部門)
対面セッション(2015年1月〜3月)

ちょうど一年前CTI(コーチ養成機関)に出会ったときに体験セッションをして頂き、家族の関係性について見つめる準備ができたときはあっちゃんにお願いしようと思っていました。あの時は母との関係に重圧を感じ続けた人生について、初対面にも関わらず、ポロポロ泣いてしまいました。 今回のテーマは自分の愛情表現について、そして、セッション中に始まった新婚生活の中での夫とのパートナーシップについて一緒に掘り下げてみて頂きました。 あっちゃんの強みはやはりBeing(大事にしていること、価値観、ありかた)をしっかり受けとめ、一緒に見てくれるというところだと思います。そのため、安心して自分のBeingに目を向けることができました。 自分の愛情表現が、苦しく感じた母の愛情表現と似てきてしまっているところ、また夫と私の違いを再認識することで、彼の存在やその違いに感謝できるようになることも大きな気づきで、私の視点が変わることにより、接する態度も変わり、結果2人の関係が改善し、居心地が良くなりました。 いつもゆったりした状態でいられるわけではないですが、最近2人の歯車が上手くいかないというときは、あっちゃんとのセッションを思い返します。 そして、セッションして頂くお部屋の居心地のいいこと。あの空間はあっちゃんの延長で、私にとっては何でも受けとめてくれる空間でした。 あっちゃんとの出会い、そして、一番必要な時期に的確なコーチングをして頂いたことに感謝しています。

自分の「本質的な変化」を体感する素晴らしい機会でした

区切り線

神奈川県藤沢市 30代 男性 研修企画/講師/コーチ
対面&スカイプセッション(2015年1月〜5月)

Q1)あなたにとって、コーチングはどのような機会でしたか?
今回のコーチングによって、自分の「本質的な変化」を体感する素晴らしい機会でした。

Q2)コーチングを始める前と完了した今とで、どんな変化がありますか?
<コーチングを始める前>
自分に対しての「本質的な変化」は起こったことがあるので、経験があるが、他人に対して、自分が「本質的な変化」を起こす場を提供しているか半信半疑であった。
<完了時点>
大切な人の「本質的な変化」の手助けを出来たという実感があり、それを見守る、感じること自体が自分自身の「本質的な変化」であり、その人の「本質的な変化」へのサポートであることを強く感じることができました。

Q3)コーチングでの経験を、今後どのように活かしていきたいですか?
この4ヶ月を通じて、自分の内面としっかり向き合う事ができ、「やり方(Doing)」レベルではなく、「あり方(Being)」レベルでの自分の変化を感じる事ができました。

Q4)コーチへの率直なフィードバックをお願いします。
■分かり易さ
リードが非常に端的かつ明確でわかりやすかった。
■コミット感
非常に自分と共に伴奏する静かであるが、強いコミット感を感じた。具体的には「自分の家族の名前を覚えてくれている」「過去の内容をメモしてくれていて、随所でその情報を直近のコーチングで使ってくれている」など。
■自分のリソースをフルに使ってくれている感覚
自分が本質的な変化を起こそうとする際、あっちゃんが、それに役立つ学んだリソースをフルに惜しみなく伝えてくれているあり方を感じる事ができ、非常によかった。
具体的には、「愛をつたえる5つの言語」や「システムコーチング(※)の手法」、「未来の自分に会いに行く」など色々なことを共有してくれて嬉しかった。
(※)システムコーチング・・・人と人の関係に焦点をあて、よりよい変化を起こしてゆくためのコーチング
■あっちゃん自身のことも開示してくれる
言いづらい自分自身のことを開示してくれると、こちらもどんどん自己開示ができて、意図的な協働関係を構築することができてよかったです

Q5)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
あっちゃんのコーチングは、自分自身が他人に対して「本質的な変化」を起こしたい、そしてそれを通じて「自分自身の本質的な変化を体感したい」という人に向いていると思います。
特に「家族」や「パートナー」など自分の周りにいる大切な人たちとの関係性を見つめ直したい人には非常にオススメです。

今、目標に向かってスタートラインに立つことができています

区切り線

山口県 20代 女性 スクールカウンセラー
スカイプセッション(2011年11月〜2012年3月)

最初は、友人にコーチングを勧めてもらい、紹介していただいたのが上田さんでした。 実際お会いして、お話させていただいた時に、すごくまっすぐに自分のことも人のことも見つめている方なのだな、と思い、是非上田さんのコーチングを受けたいと思いました。 私が学んでいる、カウンセリングととても近い部分もあり、全く違う部分もあり、正直に楽しかったです。ただ、自分の内側の声と向き合う作業は楽なものではありませんでした。しかし、絶対に無視していては成長しなかっただろう大切な声でしたので、上田さんと2人3脚で向き合い、話し合い、決定し、行動することができて本当によかったです。 今、目標に向かってスタートラインに立つことができ、コーチングで受け取った大切なイメージを何度も何度も思い出しながら前に進むことができています。また、家族への感謝の気持ちに気づき、それが生活の一部になっています。以前は自分で調べててんてこ舞いしていたことに関して、「上手に人に頼る」ことができています。大切な決定をくだすとき、今の自分他の自分と話し合うのはもちろんですが、信頼している多くの人に相談できるようになりました。 それから、未来のビジョンを明確に持つようになりました。こどもたちの未来に貢献したい、それにはどうすればいいのか、今、何をすべきなのか、落ち着いて考えるという作業ができるようになりました。

飾りもせず、そのままでいられる大切な場所でした

区切り線

千葉県 30代 女性 転職エージェントキャリアコンサルタント・コーチ
対面セッション・スカイプセッション(2012年12月〜2013年7月)

Q1)あなたにとって、コーチングはどのような機会でしたか?
自分のあり方を問われ、向き合いにいく時間。ただ向き合いに行くといっても、戦闘モードではなくわくわくして取り組みたいと思う時間だった。

Q2)コーチングを始める前と完了した今とで、どんな変化がありますか?
現状に縮こまっている自分から、360度自分にOKを出せている状態。
誇らしく、前を向いていきたい感じ。

Q3)コーチングでの経験を、今後どのように生かしていきたいですか?
自分の変化を言葉にしていきたい。
自分がコーチとしてかかわった人へ、何か変化の種を提供できるように還元していきたい。

Q4)コーチへの率直なフィードバックをお願いします。
わーっと広がるあたたかさあった。
力強く認知してくれて、私が欠けるところのない存在だと常に信じてくれていた。
システムコーチやNLPなど様々なことを駆使してくれた。私にとって新鮮な広がりだった。

Q5)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
上田さんは、人の痛みや深い部分の分かるあったかいコーチです。
飾りもせず、そのままでいられる場所は大切な場所です。

大きくも小さくもない、ありのままの自分を見つめ直しました

区切り線

東京都世田谷区 30代 男性 精密機器メーカー勤務
対面&スカイプセッション(2014年6月〜2016年1月)

Q1)あなたにとって、コーチングはどのような機会でしたか?
自分の人生を大きく変えた時間でした。大きくも小さくもない、ありのままの自分を見つめ直しました。自分の考えに触れるのは簡単ではありませんでしたが、進んでいくことができました。知るにつれ、自分を嫌っていることに気がつきました。そして、その自分をも認め、手を取り合って共に歩んでいくことを決断した旅になりました。

Q2)コーチングを始める前と完了した今とで、どんな変化がありますか?
自分そのものを受け止めて、愛せるようになりました。その結果、家族にも自分の周りの人にもやさしくなることができました。また、仕事では、枠組みにとらわれ、他人事にしてしまっていたのを改め、体の正面で受け止め、自分が何を仕事としているのか、自分の言葉で語れるようになりました。最後に、仕事では使うことのできないと思っていた趣味を手放すことで、逆に、仕事でそれを活かせないか考えられるようになりました。

Q3)コーチングでの経験を、今後どのように生かしていきたいですか?
自分が周りに対して心を開き、このコーチングで掴むことができた【生きていく上での智慧】を、家族や友人、同僚など、自分の関わりのある人に還元していきたいです。そうすれば、きっと循環して自分にも戻ってくると思います。

Q4)コーチへの率直なフィードバックをお願いします。
何よりも包み込むような安心感です。大きくて、温かい。その温かさが、向き合う覚悟を作ってくれました。また、細かな感情の変化を読み取ってくれたので、自分がしっかりとその感情を味わい、鎮めることができました。

Q5)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
このメッセージを読んでいるということは、何かしら願いがあり、前に進むための可能性を探っているのだと思います。そうであるならば、動きましょう。大丈夫。あっちゃんなら、その願いを受け止め、大切にしてくれます。さぁ、勇気を出して!

答えは自分の中にあるとわかりました。自分自身で考え抜いていきます

区切り線

宮崎県 30代 女性 サービス業
スカイプセッション(2014年7月〜2015年2月)

Q1)あなたにとって、コーチングはどのような機会でしたか?
自分が本当に心から願っていることを知ることができたと思います。
また、心の中を整理でき、本当の自分と向き合う大切な時間でした。

Q2)コーチングを始める前と完了した今とで、どんな変化がありますか?
とても自信がつきました。人と比べる必要はないことや、何が自分に必要で不必要かが分かり、頭がクリアになりました。

Q3)コーチングでの経験を、今後どのように活かしていきたいですか?
何かに迷ったりした時に、原点に戻ることができると思います。
答えは自分の中にあるという気持ちを忘れずに、自分自身で考え抜くことをしていきたいです。

Q4)コーチへの率直なフィードバックをお願いします。
とても一生懸命私のことを自分のことのように考えてくれた。話を親身に聞いてくれた。

Q5)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
コーチングを受けたいという気持ちになった今が、自分自身を見つめ直したいというサインだと思います。ぜひ、受けて下さいね。

さらに自分が自分らしく生きられる許可を与えられた機会でした

区切り線

静岡県 40代 女性 コーチ
スカイプセッション(2014年11月〜2015年4月)

Q1)あなたにとって、コーチングはどのような機会でしたか?
自分の心のわだかまり、引っかかりを取り除く機会。
さらに自分が自分らしく生きられる許可を与えられた機会。

Q2)コーチングを始める前と完了した今とで、どんな変化がありますか?
さらに自分がパワフルな存在になれた気がします。
人生の目的やキャプテン(※)が更に明確になって嬉しいです。
(※)キャプテン・・・コーチングでは、自分の人生を、自分自身でリードする力を育むための仕組みづくりをします。その仕組みを、自分という船の舵取り役に喩えて「キャプテン」と表現しています。

Q3)コーチングでの経験を、今後どのように活かしていきたいですか?
人生の目的に沿って、自分の光を100%解放していきます!
よいクライアント体験ができたので、自分のクライアントとのセッションにも活かしていきます。

Q4)コーチへの率直なフィードバックをお願いします。
あっちゃんはとにかく真っ直ぐで寄りそってくれて、安心していろいろ話せました。
コーアクティブコーチングだけでなく、いろいろな知識や情報、あっちゃん自身の考えなど、あますことなく提供していただいて、とても充実した時間となりました。ありがとう!

Q5)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
コーチングは絶対いい!特にコーアクティブは素晴らしい。自分の可能性が広がります。
あっちゃんの心地良い在り方、尊敬します。

すべてにおいて、主体的に取り組むことができています

区切り線

東京都文京区 40代 男性 コーチ
対面セッション(2014年11月〜2015年8月)

Q1)あなたにとって、コーチングはどのような機会でしたか?
今の自分でOK!を実感する機会でした。以前は自分にダメ出しばかりしていましたが、今では今の自分に満足してます

2)コーチングを始める前と完了した今とで、どんな変化がありますか?
自分らしく在ることが、とても強くなった感じがします。おかげですべてにおいて主体性をもって取り組むことができています。

Q3)コーチングでの経験を、今後どのように生かしていきたいですか?
新しくなる(変化する)ことにあたっての勇気。

Q4)コーチへの率直なフィードバックをお願いします。
心の底から一緒に居ようとしてくれました。

Q5)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
3か月コーチングを使ってみれば、必ず自分らしさをもっと感じられるようになります!

勇気を持つことが大事だと教わりました

区切り線

東京都杉並区 30代 女性 出版社勤務
スカイプセッション(2010年10月)

最初はスカイプでお話することで、未来の自分を確かめるなんてできるのかな・・と少し不安な気持ちもありましたが、むしろ、直接顔を合わせることなく自分の内側に入っていくことで深い部分が見えたようでした。自分がイメージしたものを見ているのか、それとも実在している10年後の自分に実際に会ったのか、を線引きすることが難しくなるくらい、リアルな体験でした。未来の自分が、いらないものを捨てる勇気をもつことも大事と教えてくれたので、勇気を出して少しずつ、自分が快適と思えるような環境に変えていこうと思えました。
あきこさんは、人生の旅をコーディネートしてくれて実際の旅にも足を踏み出せるよう促してくれるようで、人の流れの潮目に立つような天性の何かがあるのかな?と思ってしまいました。すごいギフトですね☆

今はこんなに、自分がここにある実感があります

区切り線

東京都八王子市 40代 女性 アニメーション企画・製作・販売会社勤務
対面セッション・スカイプセッション(2014年3月〜2017年現在)

あっちゃんが読んでくださった事前アンケートの内容は、とても感慨深く涙が溢れました。何十年も悩んで乗り超えられなかった壁。今はこんなに、自分がここにある実感があります。短期間にここまで変わったなんて、当時の自分が知ったら、ひっくり返るほどびっくりしたでしょう!本当にあっちゃんのお陰です。感謝でいっぱい!!

自分を信じて進んでいこう、ということを後押ししてもらいました

区切り線

埼玉県 30代 女性 カウンセラー
対面セッション(2011年6月)

「コーチングが終了したらどんな自分になっていたいですか」
そう涼やかな声でおしゃっていただき、そういうことを想定していなかったので「心軽やかになっていたい」といようなことを言わせていただいたと思います。そうなんです、自分のやりたいこととかこれからの人生の目標とかが本当にボンヤリしていて、どう進んでいけばいいのかがつかめなくなっていて。そんなときに3月の震災があり、全く前進ができなくなって止まってしまったのでした。これまでやろうとしてきた取り組みが全て何の価値もないように思われて。だから不安にさいなまれていたのでしょうね。そんなときに対面のコーチングを受ける前にスカイプでのセッションをうけさせていただいたんですよね。その時のあきこさんの印象が『安心できる方。信頼おける方』というものでした。
だから対面のコーチングをいつか受けて見たいな、と思っていたのでした。それがこんなに早く実現するとはおもいませんでしたから、きっとご縁が結ばれたのでしょうね。カウンセリングと違って、今までの過去のことに関しては触れることなく、これから先の自分に対しての自問自答を、あきこさんはゆったりと誘導してくれるのです。いえ、表だって誘導するのではなく、私が一人で話していることに対して、密やかに、ですよね。
柔らかい素敵な笑顔でじっと見守ってくれる中に、ときおり、厳しい(怖くありません)顔をされて、一言促してくれるのです。それがとっても心地よい。
そういう場をつくれるあきこさんは素敵な人だと思います。きっと他のクライアントさんも、あきこさんのそういう雰囲気に信頼をおくのでしょうね。
コーチングは初めて受けたので、コーチングとはどういうことか、ということはわかりませんが、私は押しつけられたり強制的な言葉を投げかけられたりするのは好きではないので、あきこさんの柔らかいセッションがとても心地よかったです。
わかってはいたことですが、肩の力を抜いてありのままの自分を否定せず、自分を信じて進んで行こう、ということを後押ししていただいた気分セッションでした。あきこさんの柔らかいセッションがとても心地よかったです。
わかってはいたことですが、肩の力を抜いてありのままの自分を否定せず、自分を信じて進んで行こう、ということを後押ししていただいた気分のセッションでした。

▲ページトップへ

ライフキャリア・コーチング

どんな局面でも「必ず何かある」と信じ続けることができます

区切り線

大阪市 40代 男性 家電メーカー本社人事部門
スカイプセッション(2014年1月〜2015年5月)

Q1)あなたにとって、コーチングはどのような機会でしたか?
自分を前に進ませるため、あるいは立て直すために、自分の中にどんなものがあるのか、どの方向に行きたいと思っているのかを見つける場だった。あっちゃんにはそれをがっちりアシストしてもらった。悩みに直面するたび「何かあるはず」と思い、コーチングセッションの中で、あるいは行動をする中でそれを見つけて実践する、ということの繰り返しだった。

Q2)コーチングを始める前と完了した今とで、どんな変化がありますか?
仕事として組織開発(人と組織の力を引き出す活動)を続けていくうちに、このコーチングを始めてから所属組織が変わり、その過程でいろいろな行動を起こし、いろいろなことを経験したが、最終的に本社人事部門に移ってこの活動を全社に広げていく立場につくことができた。最近は賛同してくれる人が増え、活動が広がっていく手ごたえを感じている。さらに、コーチングを通して自分の中に、前に進んでいくための様々な学び・武器を手に入れた。すべて大事なものであり、これからも役に立つものであると思う。そして自分はどう変わったか? コーチングを始める前より自信を持って前に進むことができるようになったと思う。いつでも自分の中に何かあるはず、とより強く思えるようになった。

Q3)コーチングでの経験を、今後どのように活かしていきたいですか?
手に入れた学びと武器を折にふれて思い出しながら、たとえゆっくりでも前に進むこと、どんな局面でも「必ず何かある」と信じ続けること。この2つを実践していきたい。あと、家族との関係についてもそれらの学び(と武器?)を活かす方法を考えたい。

Q4)コーチへの率直なフィードバックをお願いします。
• こちらがどんな状態でも常に受け入れてYesで関わってくれた、かつ、「必ず何かある」と信じてくれた
• こちらからどんなものが伝わってくるかを常に言ってくれた。それによって自分の中に何があるかに気づくことができた
• 行き詰まっている時に目先を変える方へ舵を切ってくれた(例: システムコーチング(※)などの種々のツールの活用)
(※)システムコーチング・・・人と人の関係に焦点をあて、よりよい変化を起こしてゆくためのコーチング

Q5)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
自分は本当はどうしたいのか、自分の中に何があるのかを知るのは、自分一人では難しい。コーチングを受けることによりそれを支援してもらうことができる。前に進みたい人は、自分と向き合う方法としてコーチングの活用を積極的に考えるといいと思う。それは決して人に依存することではなく、自律のための支援を受けることなので。

道は1つではなくいくつもある。そして、それを選択するのは自分であることがわかりました

区切り線

東京都品川区 30代 女性 大学職員
対面セッション・スカイプセッション(2013年7月〜2013年11月)

Q1)あなたにとって、コーチングはどのような機会でしたか?
・自分の本当の気持ちを知る機会
・普段ではできないような、チャレンジをすることを自分に許す機会
・感情感覚を素直にさらけだす機会

Q2)コーチングを始める前と完了した今とで、どんな変化がありますか?
・道は1つではなく、いくつもある。そして、それを選択するのは自分であるということがわかりました。
・未来を決める必要はなく、流れに任せて身をゆだねるということも時にはOKだと自分に許可を与えられるようになりました。
・とある人に対して感じる感情に、いい悪いはなく、自分がネガティブに捉えてしまう部分もあれば、恩恵を受けている部分もあるということが腑に落ちた。そう思うと、それまで苦手に感じていた上司に対して、感謝の気持ちが沸いてきました。

Q3)コーチングでの経験を、今後どのように生かしていきたいですか?
・職場の部下や学生と接する中で、コーチングの要素を取り入れてみたいと思いました。
・「直感」や「感じる」ことを大切にしたいと思いました。あっちゃんのコーチとしてのフィードバックの中に、「ふと感じた」「なんとなく感じたのは」という言葉を良く耳にして、それを聞くとワクワクしている自分がいました。頭で考えるのではなく、ハートで接していただけているというのをすごく実感できました。私も人と接する際に、自分の感じる力を信じてみようと思いました。

Q4)コーチへの率直なフィードバックをお願いします。
全てを受け入れてもらえる器の広さと愛情を感じました。あっちゃんには全て素直に話せる、毎回そのような気持ちでセッションを受けさせていただきました。思考ではなく、感覚を大切にしながら進めていただけたので、私も自分の本当の感情感覚を素直に出すことができました。そうすることで、普段では気がつかないような気付きがたくさんあり、同時に周囲の人への感謝の気持ちでいっぱいになりました。セッションの場所も、室内だけではなく明治神宮の敷地内の芝生であったり、落ち着く雰囲気のカフェであったり、スカイプであったり、その時々でベストなシチュエーションで受けさせてもらい、型にはまらない自由な形式でコーチングをしていただき、毎回楽しみでした。
あっちゃんの愛あふれるコーチングを待っている人がたくさんいると思います。あっちゃんにコーチングを受けることができた私は本当に幸せものです。これからもたくさんの人と感動と愛を分かち合うコーチでいてください。応援しています!

Q5)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
普段蓋をしてしまっている本当の自分の気持ち。それに気付いた時、周囲の環境も動き出します。その自分の気持ちをさらけ出しても大丈夫なのだという安心感、そして、自分でも気付かなかった気持ちを発見させてくれる問いかけをくれる豊かで鋭い感性、あっちゃんのコーチングにはそれがあります。毎回ハートが開き、エネルギーに満ち溢れる感覚を味わうことができると思います。

明日への活力が体の芯や脳から湧き出るような感覚になります

区切り線

中国・上海市 30代 男性 コンサルティング会社経営
スカイプセッション ご帰国時 対面セッション(2008年11月〜2017年現在)

3年前に起業をしたのですが、その時からコーチングをお願いしています。
社長業というのは、なかなか仕事面のことなどを相談をする人がいないのですが、コーチには仕事や会社、プライベートのことまで包み隠すことなく相談でき、人生のアドバイザーのような存在です。
現在は毎月1度のコーチングをお願いしています。コーチングのセッションを終わった後では、やる前とはモチベーションが大きくかわり、明日への活力が身体の芯や脳から湧き出るような感覚になります。
私にとってコーチングというのは、自分自身の方向性や考え方を改めて見つめ直す機会でございます。起業して事業のほうは順調に伸びて来ているのですが、それは立ち上げ時からコーチングをすることによって、会社や自分自身の方向性を軌道修正できたのも、大きな要因の一つだと思っております。本当の自分を気付かせてくれるコーチの存在は、人生にとって非常に大きいですね。ここまでコーチングをやってきて本当によかったと思っています。

メンバーそれぞれが、自分の思いを口にして、わかりあうことを大切にしていきたい

区切り線

東京都世田谷区 20代 男性 生命保険会社勤務
対面セッション(2014年6月〜2014年10月)

Q1)あなたにとって、コーチングはどのような機会でしたか?
自分の心の中の動きをこまやかに感じて、言葉をひねり出して、口に出した言葉から、自分について新しい気づきをたくさんもらった。

Q2)コーチングを始める前と完了した今とで、どんな変化がありますか?
言葉にならない、モヤモヤっとした気持ちを、大事にするようになった。そこから何かひらめきが生まれたり、気づいたり、自分の行動の源になっていくのだと考えることができるようになった。(今までは、口が重く、うまく言葉をつなげない自分にイライラすることが多かったが、それが少し楽になった。)

Q3)コーチングでの経験を、今後どのように活かしていきたいですか?
人とチームをつくるときに活かしたい。メンバーそれぞれが、自分の思いを大事にし、口にしてもらうことで、お互いにわかりあえたり、この先どうすればよいかがはっきりと見えるようにしたい。

Q4)コーチへの率直なフィードバックをお願いします。
コーチの意図について、やわらかく、かつはっきりと伝えてくれた。
私の求めに応えて、自分の経験をたくさん話してくれた。
私の抱えるテーマに役立つよう、人を紹介してくれた。

Q5)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
大きな決断を控えていたり、もっと自分を知りたいなと思っていたり、自分を変えたい!と思っている方は、受けてみることをお勧めします。すぐに結果が出るものではありませんが、まず自分の気持ち、考えを自分で言葉に出し、気づくことで、これらのテーマに挑むための下準備になるのでは、と思います。

コーチングを通して、未来の自分、最終地点をイメージできるようになりました

区切り線

千葉県 20代 女性 金融機関勤務
対面セッション(2012年7月〜2013年3月)

Q1)あなたにとって、コーチングはどのような機会でしたか?
過去の自分を振り返り、向き合い、未来の自分をイメージする機会になりました。

Q2)コーチングを始める前と完了した今とで、どんな変化がありますか?
コーチングを始める前は、仕事に対するモチベーションが低い状態が続いていて迷いが多かったように思います。新しいものを生み出すことができませんでした。
コーチングを完了した現在では、自分の最終的にいきたい場所、なりたい自分をイメージできるようになり、仕事・私生活含めて最終地点に向かってどのように進んでいくのか、自信をもって進んでいけるようになりました。

Q3)コーチングでの経験を、今後どのように生かしていきたいですか?
コーチングの経験は自分にとって基礎、土台になりました。これからたくさんの人とつながって、誰かの時間に少しでも良い足跡を残していきたいと思っています。

Q4)コーチへの率直なフィードバックをお願いします。
コーチとの距離感がとても心地よく、信頼してセッションを行うことができました。本当にありがとうございました。

Q5)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
コーチングを通して、未来の自分、最終地点をイメージできるようになりました。イメージできるようになってからは、シンプルに物事を考えて前に進んでいます。ぜひ検討している方にもコーチングを始めていただきたいと思います。

キーワードは「自分らしく」

区切り線

東京都武蔵野市 40代 男性 飲食店経営
スカイプセッション(2011年9月)

私は、初めてコーチングというものを受けさせていただきましたが、知識が無いのと、相談するテーマが漠然としていて決まっていなかったので少々不安でした。しかし、上田さんと普段の会話から入り、自然な感じの質問をもらい、応答していく中で自然にテーマがつくられていきました。(潜在的に持っていたんだと思います)
私は、日頃から自分の潜在意識をコントロールする努力をしていましたが、潜在意識の奥深くにある自分へのメッセージには全く気が付いていませんでした。少し勇気を出して上田さんの言われるように自分を解放して、亡き祖父と素直な気持ちで向き合う事で、経営者として今抱えている不安や恐れが、解決できる具体的キーワードをいただきました。
キーワードは「自分らしく」。今後の私の人生や会社の経営すべての問題を解決するキーワードです。
終了して振り返ると自分では、どの時点で、どの様に、誰から出てきたのかさえ思い出せないくらい自然に導きだされたキーワードでした。本当に不思議です。
本日は、現在直面している大きな会社の危機さえも、全く不安に感じない勇気と気づきをいただきました。上田さんには心から感謝申し上げます。 ありがとうございました。

今の自分を振り返る場であり、目標や目的を再認識する場でした

区切り線

京都府 20代 女性 食品通販会社カスタマーセンター担当
対面セッション・スカイプセッション(2012年2月〜2013年7月)

Q1)あなたにとって、コーチングはどのような機会でしたか?
今の自分を振り返る場であり、目標や目的を再認識する場でした。

Q2)コーチングを始める前と完了した今とで、どんな変化がありますか?
はじめる前は流れの中で解決を待つ状態でしたが、コーチングを始めてからは意識的に解決することができるようになった。また感情のコントロールができるようになったと感じている。
自分一人の考えでは思いつかない方向性や考え方を学び、周囲の人の意見を尊重できるようになった。

Q3)コーチングでの経験を、今後どのように生かしていきたいですか?
マネージャーとしての役割を果たすうえで、周囲に対してアドバイスができるように常に自分のすべきことを整理できている状態にしておきたい。今後も時間を設けて振り返りの場や目標・目的を再認識する場を設けていきたい。

Q4)コーチへの率直なフィードバックをお願いします。
何でも受け止めてくれる心強さがあった。
常に笑顔で安心感があり、自分の心の中に集中しやすく、早い解決に繋がっていた。

Q5)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
振り返りや新たな自分の発見する時間を定期的に設けられるので、その他の時間を効率的に活用できます。仕事・プライベートともに重要な視点を勉強することもできるのでお勧めです。

前向きな自分が多く感じられました

区切り線

東京都中野区 40代 繊維メーカー勤務
対面・スカイプセッション(2015年4月〜5月)

Q1)あなたにとって、コーチングはどのような機会でしたか?
本当の自分、本来の自分の姿、自分が本当にしたいこと、自分の感性にあうことをよく知るいい機会であると同時に、自分自身のこれから進んでいく道を潜在意識から感じ取れた点がとてもよかったです。

Q2)コーチングを始める前と完了した今とで、どんな変化がありますか?
前向きな自分が多く感じ取れたことで、自分に学ぶべき点が見えた。
苦しい選択をしたが、より自分が進んでいきたい方向へ後押ししてくれるきっかけになったと思う。

Q3)コーチングでの経験を、今後どのように活かしていきたいですか?
まだまだ第三者視点で見れてない自分自身の心をさらに強化できるように、私とパイロット(※)の関係を元により強く引き出していきたい。
※注釈:コーチングでは、自分の人生を、自分自身でリードする力を育むための仕組みづくりをします。クライアントさんの場合は、「パイロット」というイメージが出てきました。

Q4)コーチへの率直なフィードバックをお願いします。
現在の心理状態を的確に判断して、その状態にあったコーチングをして頂けたことに感謝しています。

Q5)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
自我の目覚めを経験したい、本当の自分に気づきたい方は、後悔する前に、是非受けてください。自分を受け入れることで何事も頑張ろうと思う自分に出会うことができます。

私のしたい「仕事」をしていこうと思います

区切り線

北海道 30代 女性 カフェ運営
スカイプセッション(2011年5月)

今自分のしていることが、仕事として、続けていけるか・・・そんな漠然とした不安を、穏やかな気付きの中で払いとり、自信をもって進む方向を指し示してくれる、そんなセッションでした。
私は、セッションの中で、涙しました。あきこさんが、自分のしてきたことに「すごく価値がある」とやさしい声なんだけど、力強く認めてくれたこと。家族を大事にしたいという気持ちと自分のことを大事にしてくれている旦那さんの優しさに気付き、いとおしく思えたこと。心が洗われていくような気持ちでした。
セッションのあとは、晴れやかな気持ちで、今のことを仕事にしたい、続けていこうと強く思えるようになりました。すごく自信と勇気をもらえた気がします。大事にしたいことを確認できたように思います。
あきこさんにもいってもらったように、これからもいろいろチャレンジしていきたいって思ってます。自分のこうなりたいって思ったことにトライしていこうと思います。私のしたい「仕事」をしていこうと思います。
素敵な体験をありがとうございました。

▲ページトップへ

パートナーシップ・コーチング

一緒に夢の実現に向けて計画、実行していることが感じられています

区切り線

神奈川県 30代 ご夫婦
対面セッション(2013年4月〜2013年10月)

Q1)コーチングを通じて、お二人が実現したいことはどれほど達成されましたか?
もしくは達成されませんでしたか?また、そう思われるのはなぜですか?
・ほぼ達成されました。
・お互いを尊重している関係。
→自身が自己防衛という殻をやぶったことで素直になり、まず妻を尊重するようになった
・自分の夢を実現するために、一緒に夢の実現に向けて計画、実行していることが感じられている。
・主人が、コーチング中で二人の夢を次から次へ語るようになった。
・自分の足で立てるようになった。会社という枠の中でなくても、夢に向かって歩き出す事が出来るようになった。また、全く違う役割の二人であり、だからこそお互いが補完し合う事の出来る二人である事を認識出来た。

Q2)コーチングの機会を持ったことで、お二人の関係は今後どのように変化していきそうですか?
きちんと向き合い、互いにチャレンジに向かって成長し合う関係を求めていきそう。

Q3) コーチの関わりについてのフィードバックをお願いします。
非常に自然体でいてくれました。

Q4)その他、メッセージやご意見等ございましたら率直にお聞かせください。
事前アンケートを見ると、自身が頑なに相手の事を否定している自分がいましたが、結局の所わたしが自身を見つめ直す事で夫婦関係が良くなっていきました。その事を気づかせて頂いた事に本当に感謝しています。

未決のものをブレることなく進めていく、大きな道しるべができました

区切り線

千葉県 30代 ご夫婦
対面セッション・スカイプセッション(2014年4月〜2014年12月)

Q1)コーチングを通じて、お二人が実現したいことはどれほど達成されましたか?
もしくは達成されませんでしたか?また、そう思われるのはなぜですか?
事前に掲げていた実現したいことは、以下の3点だった。
(1.結婚(籍を入れる)。両親が籍を入れることに合意している。
(2.移住先が確定している。
(3.二人のお金のフローが明確になっている。
1.はご存じのとおり、先日入籍し、実現できた(証人になってくれてありがとう!)。
入籍したからこその課題はあるけれども、それはこれからのことだと思っている。
2.の移住先は確定できなかったけれども、これは子どもを授かったことによるものが大きいと思っている。でも、セッションの中で、どういう暮らしをしたいかを話し、また日常でもかなり話しており、そんなに遠くないうちに決められる気がしています。
3.お金のフローは、夏前に実施した。ある程度は見えたけど、そのままにしてしまっているところもある。これからも継続していく課題。

個別に書くとこんな感じになるけれど、「家族の曼荼羅」(※1)を二人でつくり共有できたことで、未決のものをブレることなく進めていく、大きな道しるべになっていると思う。また、子どもが生まれて3人家族になっても、家族の曼荼羅を変化させながら進めていけると確信が持てた。なので、十分にコーチングの目的は達成できていると感じています。 (※1)家族の曼荼羅・・・家族として大切にする価値観を、曼荼羅の形で表現し、家の中に貼って、いつでも見える形にする仕組みづくりをしました。

Q2)コーチングの機会を持ったことで、お二人の関係は今後どのように変化していきそうですか?
一人ひとりではなく、「二人」というものを感じた瞬間・実感があったことによって、幅が広がった気がする。ドラゴン(※2)という、どちらか一方ではない、システムという別の存在がある。このドラゴンからの声が面白い。一人では言えないことが、ドラゴンを通して言ってくれる感じ。ドラゴンや家族の曼荼羅などによって、二人・家族で何について話したらよいかがわかりやすくなり、手を放してしまっていても構わないくらいの安心感(でも、あきらめない)が生まれている。具体的にどのような変化になるかはわからないけれども、ドラゴンという全然質感が違うものがあることによって、必要な化学変化が起こる気がする。 (※2)ドラゴン・・・パートナーシップコーチングでは、(一人一人ではなく)お二人の姿を象徴するような存在を、例えやイメージを使って現し、お二人の関係を育むための智恵の一部として生かしていきます。お二人の場合は、「ドラコン」というイメージが出てきました。

Q3)コーチの関わりについてのフィードバックをお願いします。
特に良かったのは、コーチングの場面というより、コーチという帽子を脱いで、あっちゃんの家のことを話してくれたこと。夫婦としてのスタンスとか、大切に思っていることとかが伝わってきた。 また、渋谷のカフェ(婚姻届を渡した時)で、私たち二人のことで嬉しくて泣いてくれた、感情をだしてくれたことで、とても安心して話ができた。それまでは、うまくコーチングが進まないのは自分が問題を抱えていた、うまく話せない、足りない、弱みを出せないと思うときがあった。あっちゃんが個人的な話や感情を出してくれたことで、一人の人として扱ってもらえたと感じ、より信頼できた。 あと、時間を気にせず、二人に必要な時間をとってくれたことで、安心・信頼でき尊重してもらえたように感じていた。また、一人ひとりはもちろん、「二人(二人の関係性)」を常に観ていてくれた。

Q4)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
「先に答えありき」(例:絶対に別れた方がいい)ではないので、安心して受けることができます。結果的に、それぞれのシステム(夫婦・カップル)に本当に必要なことを効率的に見つけられる、見つけやすくなる。それは当初自分(たち)が思っていた方向ではないかもしれないけど、最終的にとってもしっくりくる、よりよいものを見つけられることができます。

夫婦なのに知らないことがこんなにも多い。新たな発見の連続でした

区切り線

東京都 50代 ご夫婦
対面セッション(2014年10月〜2015年2月)

Q1)コーチングを通じて、お二人が実現したいことはどれほど達成されましたか?もしくは達成されませんでしたか?また、そう思われるのはなぜですか?
1. 三男が大学生になって、夫婦二人だけの時間を多く持つようになったときに、どのように時間を過ごすのかを考える一助となればいいと考えたから、コーチングを受講してみようと考えました。 2. 4回のレッスンを受講して、お互いが将来どのようにしたいかについて、声に出して・文字を通して、自分自身が、そして、お互いが意識できたのはよかったと考えます。それには、個人レベル、夫婦レベル、家族レベルとありますが、それをある程度客観的に意識した上で、協力できるところはそのようにしようと認識できるようになったと思います。 3. 今後、それを持続的に認識続けることができるかどうかはわかりませんが、とにかく、お互いの関係にあって、深層にあったように思われることどもが、表面化できたのは、大きな達成でした。

Q2)お二人でコーチングの機会を持ったことで、お二人の関係は今後どのように変化していきそうですか?
1. 「お互いにとっての大事なこと」を意識できたことから、少しずつではありますが、たとえば、「感謝を声に出す」とか「何を求めているかを考えるようにする」というように、それを実践できるようになっています。継続が大事ですが、今は、まだ新鮮な時期ですので、それを感じます。 2. 以前よりは、「向き合っている」という感覚が増したように思います。

Q3)コーチの関わりについてのフィードバックをお願いします。
1. 課題の提示やコーチング時のエクスサイズを通じて、お互いが十分に表には出していなかったことをお互いの前に引き出していました。 2. 的確なハンドリングを通じて、それをうまくサポートしていただけたように感じます。

Q4)その他、メッセージやご意見等ございましたら率直にお聞かせください。
1. コーチングがされる場所は、駅の至近であり、近所の雰囲気もよかったことから、通うのが楽しみでした。 2. 部屋の雰囲気も、リラックスできるようになっていました。生活臭が一切しなかったのは、異次元においてものを考える時間をつくるという点でも良かったようです。

Q5)今後、コーチングを検討されている方へメッセージがあればお願いします。
私たちは50代の夫婦です。子どもたちが家から離れるときがくれば、お二人様だけの生活が確実にやってきます。そのときに、過ごし方がわからなくなるかもしれないという怖さがありました。長年一緒に暮らしている夫婦は、「何となくお互いを知っている」存在です。でも、それは全体のどれほどでしょうか。知らない部分が多いのかもしれない。私たちがコーチングを受けてみようと思ったのは、その部分を改めて知ろうとすることによって、より豊かな関係を構築できるのではないかと考えたからです。 コーチングなんて、なんだかうさんくさい。第三者にプライバシーを明かすのなんて気が進まない。このような気持ちは、私たちにもありました。お試しセッションで、コーチは専門的トレーニングを受けたプロフェッショナルであることを知り、また、目の前にいるコーチとお話をすることを通じて、「信頼できるな」という印象を得ました。そのため、2回目以降は、夫婦の将来のために、こちらから積極的に取り組むようになりました。夫婦なのに知らないことがこんなにも多い。新たな発見の連続でした。 4回のコーチングを受けて、私たちはとりあえずセッションを終えました。これからしばらく、コーチングの成果を、毎日の生活で試してみようと思います。関係が「ちょっと変かな」と感じれば、またコーチに連絡するでしょう。夫婦にとって、コーチングは、関係の「整体師」のようなもの。これからの夫婦関係にとって、いい出逢いであったと思います。 コーチングとのつきあい方は、カップルによってさまざまです。始める時期に、遅すぎるや早すぎるはありません。

「こういう二人になりたい」と願っているならそうなれることがわかりました

区切り線

滋賀県 30代 ご夫婦
スカイプセッション(2012年5月〜2015年現在)

(奥様)
ずっと昔から、パートナーとこんな関係であれたらいいな、と思い描いてきたイメージがあります。そういう素敵な二人の存在に触れるたび、彼らはそんな関係になれる幸運のもとに出会えた特別な人たちなのだと思っていました。パートナーに誘われるままシステムコーチングを受け始めてからもしばらくは、「理想のパートナーシップを授けてもらえる素質」を過去と現在の自分の中に必死に探さずにはいられなかったのですが、セッションを重ねる中で浮かんできたあるシンプルで力強いメッセージが、あるときすとんと腑に落ちて、楽になりました。—もし私が『こういう二人になりたい』と願っているなら、そうなればいい。『二人にとって私はこうでありたい』と思うなら、そうなるように生きられるんだよ。—大事な人への誠意と人任せにしない意思を持って継続的に丁寧に二人で未来を作っていく過程を、上田さんに助けてもらいながらいつも新鮮な思いで味わっています。

(旦那様)
日常の中では、どうしても「目の前の作業」や「こなさないといけないこと」のような「行動すること」に目が向きがちな中で、このパートナーシップ・コーチングの時間は、相手と自分が「どうあるか」という心持ち・佇まいのようなものを整えてくれる役割を持っていると感じています。 相手との間柄の中で、大切な「いつでも戻って来れる大切な雰囲気」をお互いの間で「それって、こんな場所だよね、とかお互いこんな気持ちやね」と丁寧に確認する時間。楽器で言えばチューニング、身体活動で言えば瞑想。普通はチューニングや瞑想は一人でするものですが、二人の関係があたかも一つの生き物のように、瞑想したり、チューニングしたりしています。その手助けをしてくれているのがコーチだと思います。 その普段のチューニング・瞑想を関係性が練習してくれているおかげで、関係に強い負荷がかかった時でも、お互いがその「普段」を意識することで、難しい状況を互いに協力して乗り越えていけている実感を持っています。

同じ方向を見て建設的な話ができました

区切り線

東京都品川区 30代 ご夫婦
対面セッション(2014年1月)

Q1)コーチングの機会を持ったことは、お二人にとってどんな意味がありましたか?
感情に飲み込まれることなく、感情を自覚し、味わえるプロセスだったこと。お互いに共感し、理解するというプロセスをこの手法で出来るんだ、という気づきがあったこと。

Q2)コーチの関わりや用いたツールに関して、良かった点はどんなところですか?
解釈がわかりやすいシンプルなツールとそこに書かれている言葉を共通語として活用することで、同じ方向を見て建設的な話ができました。

Q3)その他ご意見やご感想をお聞かせください。
あっちゃんがどちらの肩を持つのでもなく、関係性に焦点を当ててコーチングしきってくれたことがとてもよかったです。子どももいてあっちゃんや私たちに話しかけたりしていましたが、それに引っ張られることもなく、かといって無視することもなく対応していただけたので安心して臨めました。

安心してコーチングの場にいられました

区切り線

東京都練馬区 40代 ご夫婦
対面セッション(2013年12月)

Q1)コーチングの機会を持ったことは、お二人にとってどんな意味がありましたか?
再確認(やっぱり信頼することは大切) 非日常(これからもっと話をするきっかけ)

Q2)コーチの関わりや用いたルールに関して、良かった点はどんなところですか?
感情のガイドリストがあったこと。うまく言葉にできない時に助けになった。(全く違う話題を語って試したときも、しっかり受けとめてくれた。話を中断したり、お茶を濁したりしなかった)
既に伝えていた日常のインパクト(感情が触れた出来事)についてコーチングの場で出してくれたこと。

Q3)その他ご意見やご感想をお聞かせください。
あっちゃんのあり方にすごく助けられました。安心してコーチングの場にいられました。1年以上夫の本心を聞きたいと思ってチャレンジしていましたが、あっちゃんのおかげでようやく少し実現して前進でき、本当にうれしくて感謝しています。また困難な状況になった時、SOSを出すかもしれません。今後ともどうぞよろしくお願いします。

家族を今まで以上に大切に感じることができました

区切り線

大阪府 30代ご夫婦
対面セッション(2014年2月)

Q1)コーチングの機会を持ったことは、お二人にとってどんな意味がありましたか?
物理的にコミュニケーションを持つ時間が少ない環境の中、より効果的にお互いの夢や考えを共有することができた。通常の会話では、取り扱わない話題をコーチのもと二人で出していく中で、こんな考えをしていたんだな、と新たな発見ができとても新鮮でそしてうれしく感じた。内容は似ていてもイメージの言語化に違いがあって面白い発見ができた。

Q2)コーチの関わりや用いたツールに関して、良かった点はどんなところですか?
High Dream,Low Dream(※)について。あえてじっくりこのテーマで二人で話すことがなかったため、新しい角度からの相手の姿に触れ、とても新鮮に感じた。Low D ream を考えるだけでも辛いと感じたが、一方何気ない存在がとても重要であることを改めて気づくきっかけとなり、家族を今まで以上に大切に感じることができた。 また、ツールの説明やワードの説明があったので、コーチからの問いや自分たちの話す内容が意味するところをより理解することができてよかった。コーチが、二人の関係にはこのツールを!と一生懸命に駆使してくださるところがとても伝わってきて、とても信頼できると感じた。意見をゆっくりと聞いてくれ、かつコーチとしての舵をしっかりと取っていた。 (※)High Dream,Low Dream:二人の未来の最高の状態と最低な状態を二人で共有するやりかた

Q3)その他ご意見やご感想をお聞かせください。
システムコーチングというのは、どのようになるのだろう?とわくわく、ドキドキで向かいましたが、相手の姿を別の角度から、深く見るチャンスとなり、とても楽しく、またとても重要なことだと感じました。このような機会がなければ、相手のこういった姿を観ることができなかったので、とても感謝しています。これから、二人の課題をともに実行していきますが、また、コーチにお世話になる時がくると思います。その際は、ぜひよろしくお願いいたします。

二人の視界がクリアに感じました

区切り線

東京都品川区 30代 ご夫婦
対面セッション(2012年3月〜9月)

導入だったのに、二人では気付きづらい発見がありました。そして、二人ではなかなか機会を設定できない、じっくり集中して二人の関係性を考える(そして表に出す!!)時間をアレンジいただいて有難うございました!!終始頭がフル回転で気持ちよいあっという間の2時間でした。早速帰り道から二人での視界がクリアに感じました。この合意事項を頭に置いて、これからのコーチングでそれぞれのテーマに楽しく取り組みたいと思います。

相手のいい部分がわかってきました

区切り線

岐阜県高山市 20代 ご夫婦
スカイプセッション(2012年4月〜12月)

Q1)コーチングの機会を持ったことは、お二人にとってどんな意味がありましたか?
ゆっくり話合いができる時間。新しい発見のある時間

Q2)コーチングの機会をもつことで、ふたりの関係にどんな変化が起こっていますか?
冷静に相手を見れて、相手のいい部分がわかってきて、生活しやすくなった。 潤滑油のような感じ。

Q3)どんな人にコーチングをおすすめしますか?
悩みがある人、いいたいことはあるけどうまく言えない人、より良くしていきたいという思いがある人 最近、なんとなく関係がうまくいかないな〜というカップル

Q4)その他ご意見やご感想をお聞かせください。
毎回、的確にツールや質問を与えてくれてありがとう。二人の間の共通理解や価値観が、コーチと話していることで、見えてきたのが面白い感覚でした。

「私たちらしい家族の在り方」は自分たちで作り続けるもの

区切り線

京都府 30代ご夫婦
スカイプセッション(2015年9月〜2016年5月)

Q1)コーチングを通じて、お二人が実現したいことはどれほど達成されましたか?
また、そう思われるのはなぜですか?
ほぼ達成!
・両親、友人たちに祝福されて結婚生活をスタートできた(一部の痛みと共にいることにYESとしたから)
・様々な事柄を進める中、私たちらしい「結婚」の在り方を創れた
・確実に太くなっていく絆を感じられている
・新しい生活を笑顔でむかえられた

Q2)特に印象的だったセッションはどのセッションでしたか?また、それはなぜですか?
・両親のランズワーク(※1)と私たちの国
・息子と私たちの3人の紙面上のコンステレーション(※2)
・息子を交えてやった相撲。近くなった気がした。

※1)ランズワーク:お互いの価値観や考え方や背景を「国」の例えを使いながら理解してゆく手法
※2)コンステレーション:それぞれの立ち位置を見える化することで、関係性全体の今を認識するための手法

Q3) コーチングを通じて発見した、お二人の強みは何ですか?
・離れていても、一緒に住むようになっても、「対話」をし続けることのできるシステムであるということ
・Yes,andのコミュニケーションを作り続けられるシステムであること
・どこからでも創られること/創ることが出来ることを知った

Q4)コーチングを通じて発見した、お二人の今後のチャレンジは何ですか?
・私たちの軌跡を世の中にアウトプットしていくこと、「私たちらしい家族の在り方」は自分たちで作り続けるものだということを伝えていくこと

Q5)お二人でコーチングの機会を持ったことで、お二人の関係は今後どのように変化していきそうですか?
・ 心の中にあるものを出す、お互いを責めずに出せる相手であるということを土壌に、
対話を自走できるより強固なシステムに変化していく。
そしてシステムの変化に強いシステムに変容し続けていく。
・自走するシステム

Q6)その他、メッセージやご意見等ございましたら率直にお聞かせください。
(奥様)
あっちゃん、私たちの物語は自分のうずきから起こる内なる動機と共に、周囲の反応(家族や仲間、子供)を見ながら、自分たちの動き方を瞬間瞬間で判断していく、リーダーシップの物語だったと思っています。
結婚することを決めても、子連れ再婚ということもあり、子供のこと、両親のこと、相手のご両親の心配、苗字のこと、養子縁組のこと、住む場所、転校、子供の環境、仕事、働き方すべてを「変容」させていくには、あまりにも大きなプロジェクトでした。行くことは決めたけれど、お互いに遠方で、どうやっていけばいいかの方法が見えない中で、6か月でここまでの事柄の現実を動かしてこれたのは、システムコーチングをきっかけに対話を深められたからこそだと思っています。
今、本当に分かったことがあります。すべての感情をないものにせずに、対話を重ねていくこと、それは関係性を諦めないことなんだと。そして、関係性を諦めなければ、まったく異なる2人だからこそそこから創っていけるということを。そして、1人ではなく、2人(いや子供を含め3人)で創っていくということは、想像以上に豊かなことだということを。
「家族」への想いを真ん中にもったあっちゃんに、システムコーチングをしてもらって、「私たちらしい家族の在り方」を紡ぐことができました。私たちは、ステップファミリーですが、だからこそ当たり前にある現実は、決して当たり前ではないことを知っています。大切な家族の関係性は“ある”ではなく、“作り続けるもの”だと思っています。これからは幸せなステップファミリー、幸せな家族が1つでも多く誕生するように私たちの経験を紡いでゆきます。ありがとう。

(旦那様)
僕はこの9ヶ月の間に、一人では行けない場所も行けることを知った気がします。家族っていう観点だと、新たな自分の使命を発見した気もしています。それぞれのリーダーシップが絡み合い、シナジーが今後どんどん起きていく予感がします。9ヶ月間、ありがとうございました!

※ お客様の許可を頂いてご紹介しています

▲ページトップへ

コーチングのサービスについて